https://kiipple.com 500 0

lolipopにnextcloudをインストールして自分だけのGoogleDriveを作る。

レンタルサーバにnextcloudをインストールして自分だけのGoogleDriveを作る。みたいな記事を見つけてLollipopでやったらできたが、意外と詰まったので、メモを残しておく。


※多くの場合レンタルサーバはVPSではなく共有サーバかと思います。迷惑のかかるレベルで頻繁な更新があったり、無理やり4K動画再生みたいなことしようとすると、もしかしたらご迷惑になる可能性があります。もしチャレンジされる方で、企業規模での導入等でしたら素直に社内NAS(QnapなどのDriveみたいなOSがついてるもの)やGoogle Suiteなどを使用されたほうが良いかと思います。

また、今回のチャレンジは完全にサポート対象外なので、なにかあっても僕もLolipopも責任は負いません。
Lolipopの規約も一読ください。
https://lolipop.jp/terms/prohibition/


Nextcloudのインストール方法にはArchive FileとWeb Installerの2種類がある。

今回は後者をどちらでもWAF設定や海外アタックガードとアクセラレータはオフにしたほうが良いかと思われる。(というか、しないとうまくいかない。)「

それと、証明書の発行も先に行っておこう。

 

1.NextcloudのWebインストーラーをダウンロードする。

https://nextcloud.com/ にあるダウンローダーからWeb Installerのファイルをダウンロードする。

setup-nextcloud.php

ひとつだけファイルがダウンロードされる。

これをWebdavでもFTPでも構わないのに指定のサブドメインのディレクトリにアップロードする。

2.Nextcloud用のDBを作成する。

ロリポップのスタンダードコース以上であればデータベースの項目があるはずなので、そちらから作成する。
Nextcloud ではSQliteを使用することもできるが、ここはMySQLを使用する。

3.Nextcloudをインストールする。

setup-nextcloud.phpをアップロードがしっかりアップロードできているのであれば次のステップに。

https://yourdomain.com/setup-nextcloud.php にアクセスしてインストールするだけ。

僕の場合はサブドメインにインストールしたので、nextcloud.xxx.xxx/setup-nextcloud.phpにアクセスするだけ。

あとは自動でインストールが始まるので、非エンジニアの人でも黒い画面を使わずしてインストールが終わる。

最初の画面はどのディレクトリにインストールするのか尋ねられる。これは「.」にすることで同一のディレクトリにインストールすることができる。

nextcloudなどを指定すると、yourdomain.com/nextcloudという形になる。

3.Nextcloudに情報を打ち込む

Lolipopに

データベース名 LAA000-abc123 操作する
データベースホスト mysql000.phy.lolipop.lan
データベースバージョン 5.6
ユーザー名 LAA0000000

上記の情報が必要になる。

■データベースのユーザー名(自分のもの)
ユーザ名を入力

■データベースのパスワード(自分のもの)
データベース作成時に入力したもの。操作するから確認もできる。

■データベース名(自分の環境にあわせる)
データベース名

■データベースのホスト名(自分の環境にあわせる)
データベースホスト

これで終わり。すぐにページが切り替わり、Nextcloudに移動するだろう。

 


参考文献

Nextcloudが設定できたみたい-ロリポップ版

Nextcloudが設定できたみたい-ロリポップ版

 

CLOSE
Meguro, Tokyo.